関西学院大学 体育会 山岳部

CONTACT US

2013年8月個人山行報告

 

参加者

古薮・川添(S46)・日上(S58)・神戸(H7)

行動概要

8/12(月)離阪~新穂高温泉~西穂山荘TS
8/13(火)TS~西穂高岳~奥穂高岳~穂高岳山荘TS
8/14(水)TS~南岳~中岳~大喰岳~槍ヶ岳~槍ヶ岳山荘、TS
8/15(木)TS~槍平小屋~滝谷避難小屋~白出沢出合~新穂高温泉

行動記録

8/12(月) 晴れ
Time: 6:00 関学~14:10 深山荘駐車場~15:10 新穂高ロープウェイのりば~15:40西穂高口~16:12 出発~17:40 西穂山荘、TS
朝は神戸OBに車で送っていただいた。朝食を高速道路ですませ、昼食はロープウェイの終着である西穂高口で食べた。そこから始めは緩やかな整備された山道、途中から急登になった。2ピッチで西穂山荘に着いたが、時間も遅くテント場も一杯で、少しの隙間にテントを立て、夕食のカレーを食べ、就寝した。

8/13(火) 晴れ
Time:4:22出発~6:45独標通過~8:26西穂高岳~10:32間ノ岳~12:05天狗岳~16:07奥穂高岳~16:52穂高岳山荘TS
朝はチキンラーメンを食べた。出発してからすぐにしっかりした山道になった。間もなくガレ場になり始めた。8:26には西穂高岳についた。がそのあたりから、ガスが出始めるようになる。10:32に間ノ岳に着いたが、そこでの休憩中にガスカートリッジを1つ崖下に落としてしまった。1つ、しかも最も少ないガス缶で済んだのは不幸中の幸いといえるが、注意力を欠いた行動ゆえの結果であり猛省せねばならない。そこからもアップダウンの続く険しい道のりであった。天狗のコルにおいて、山荘到着が遅すぎることがないように、日上OBと古薮、川添OB・神戸OBとに分
かれて先行することになった。ジャンダルムの周
りは段差などもきついところが多かったが、奥穂高岳が見えていたため、それがモチベーションとなって頑張ることができた。奥穂高岳から下ること30分、5時前にようやく穂高岳山荘に到着した。川添OBと神戸OBは7時前にテント着。

8/14(水) 晴れ
Time: 5:30出発~5:50涸沢岳~8:17北穂高岳~10:25長谷川ピーク通過~12:54南岳~14:52中岳通過~15:44大喰岳通過~16:00飛騨乗越~16:04槍ヶ岳山荘TS
朝はワンタンメンの朝食で始まった。神戸OBは元々白出沢から今日下りる予定だったが、川添OBも現役に迷惑をかけないようにと、神戸OBとともに下山することになった。涸沢岳まではスムーズに行けたがそこからまた激しいアップダウンが始まった。長谷川ピークに関しては認識する前に通過していた。とはいえその間はほとんどクライムダウンで下りて行くようなところだった。中岳の手前で冷たくおいしい水を補給できたことで、そこから槍ヶ岳山荘まではしっかり行けた。しかしテントを立てる場所がないと言われたため、仕方なくツェルトを着て寝ることになった。

8/15(木) 晴れ
Time: 5:00出発~5:22槍ヶ岳~6:06再出発~8:30槍平小屋~9:40滝谷避難小屋通過~10:50白出沢出合~12:30 駐車場
3時過ぎから形の崩れたツェルトを直している間に目が覚めてしまい、焼きそばの朝食をとり、5時に槍ヶ岳往復にアタックした。ガスも少なく初めての晴天の槍ヶ岳はとても心地よいものだった。そこからまたテント場に戻り再出発した。石でがらがらの道を下り続けて、途中から山道を下っていった。きついところもなく最後まで安全に下ることができた。

反省

神戸OBにザイルを1本持っていただいたことは体力のなさを証明するものであり、また何回もルートを間違えたり、計画書を持ってこなかったり、ガス缶を1つ落としたことなどいくらでも反省点は挙げられる。最初から最後まで杜撰なまま終わってしまった。この反省を活かして本当の夏山合宿に臨みたい。

 - RECORD ,

  関連記事

no image
2013年5月合宿報告

参加者 古薮・湯浅・日上(S58) 行動概要 5/01(水)室堂~雷鳥沢手前TS …

20100825_01
北アルプス縦走個人山行報告書

行程 8月14日(土) 離阪~中の湯 8月15日(日) 中の湯-西穂山荘TS 8 …

061121_01
中島健郎氏 Panbari Himal(6,887m)初登頂!

未踏峰パンバリ・ヒマール 踏破!!中島 6778メートル 《「関学スポーツ・19 …